仮想通貨の今後について、変わりつつあるコイン

最近は、ビットコインも低迷したまま上がってこないので仮想通貨も
すっかり下火になってしまったようです。

ただ、その水面下ではキャッシュレスの波は日本にも来ています。

仮想通貨もアイデアがありICOで資金を集めて実現するというものから
すでにビジネスが出来上がっているもの、仮想通貨の取引所などの
プラットホーム型、ゲームなどのビジネスから配当を生み出す配当型、
ポイント発行会社をまとめるポイント型など様々な形を変えてきました。

今までは、よくハッキングによる仮想通貨の盗難などが聞かれましたが、
セキュリティーが強化されたからなのか、仮想通貨が下火になってしまった
からなのかあまり聞かれなくなりました。

というか、話題にされなくなったのでしょうか。

今でも、大手企業が仮想通貨の発行を発表したりしていますが、関心の
ある方が少なくなったのかニュースとして取り上げられなくなりました。

もともと、仮想通貨の話題はビットコインなどの値上がりで一攫千金を
夢見た人たちが多くいたためでした。

実際に、その話が市場に流れたときにはすでに遅いというのがセオリーの
ようですね。

ネットビジネスを行っている方々は、仮想通貨が下火になれば再びFXの
自動売買だとか株式だとかバイナリーオプションや競馬など様々なこと
を素人相手に展開していきます。

いまだに仮想通貨のアービトラージ(裁定取引)などもありますね。

私の知り合いで常にこのようなものに参加するマニアみたいな方がいますが、
そのようなサービスに参加して儲かったという話は一度も聞きません。

儲かったのは、販売者側だけですね。

以前のゴールドラッシュの時のようで、一攫千金を求めて金を掘りに行った
方は儲かることはありませんでした。

これからは、自らがよく考えて行動する時代ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です