ビットコインでソフトバンクの孫正義さんが145億円の損

最近、ビットコインが下げ止まり上昇しつつありますが、そんな中
ソフトバンクの孫正義さんがビットコインでの損失を発表。

その額は、なんと1億3000万ドル。
日本円で約145億円の損。

2017年の後半に購入して2018年の後半に売却とのこと。

2017年の後半と言うとビットコインの価格が200万円を越えた時期でした。

当時は、ビットコインが300万円になるとか1億円になるとかいう
話がありましたね。

しかし、2018年になって乱高下しながら急落。

過熱したビットコインや仮想通貨、ICOも今では話をする人も少なくなりました。

ビットコインは、マイニング市場があり中国などの一部の組織や人やが
大半を持っていて価格操作が可能と言われています。

そんな中でなぜソフトバンクの孫正義さんが大量のビットコインに投資
をしたのでしょうか。

ソフトバンク創業者の孫正義さんといえば中国に太いパイプを持って
いるといわれていますよね。

当然、様々な情報は入ってきているはず。

と言うことは、孫正義さんともあろう方が騙されてしまったのか。

まあ、孫正義さんの資産、2兆7000億円をもってすれば何でもない
お金でしょうが。

100億円をへいきでゾゾッとばらまいたりする方もいるくらいですからね。

まともな投資家であればビットコインが過熱状態でしかも一般個人が
多く参加してきたと時期には売り構えているというのがセオリーです。

しかし、このような時期に孫正義さんがビットコインに大量に投資を
することは考えられないことです。

これには、何か裏がありそうですね。

今後の、ビットコインや仮想通貨に注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です